[ 日中対照言語学会 > 全国大会 > 2010年度冬季 ]

第24回大会(2010年冬期大会)のご案内

 本学会では、下記の要領で2010年度冬期大会を開催いたします。

 会員の皆さまには、お誘い合わせの上奮ってご参加下さい。また、会員以外の方の参加も歓迎いたします。

 
と き
2010年12月26日(日)午前9時55分より午後5時00分まで
ところ
大阪産業大学梅田サテライトキャンパス(JR大阪駅、阪神・阪急・地下鉄梅田駅下車、南東方向へ徒歩4~7分、大阪駅前第3ビル内)
参加費
1000円(会員、非会員共通)
                             プ ロ グ ラ ム

 9:30       受付開始
 9:55-10:00 開会の辞 張黎(大阪産業大学) 総合司会:岡本俊裕(京都外国語大学)
10:00-10:40 研究発表1.『“这/那”の主観的用法とその日本語訳の特徴をめぐって』
      杨蕾 (京都外国語大学大学院)
10:40-11:20 研究発表2.『日中指示詞の対照研究』 
      刘骉+杉山さやか(京都大学大学院)  以上司会:加藤晴子(東京外国語大学)
11:20-12:00 研究発表3.『日本語の擬態語における類義語の意味相違』
      贾晓文(京都外国語大学大学院)
12:00-13:10 昼休み(70分 昼食は各自でご用意下さい。ビルの階下に食堂街あり)
13:10-13:50 研究発表4.『近代漢語における中国西学からの借用語に関する研究』
    王灿娟(九州大学大学院)                 以上司会:余维(関西外国語大学)
13:50-14:30 研究発表5.『視点とテキストにおける主語のあり方との関わり-中日対
      照を中心として-』 彭广陆(関西学院大学・北京大学)
14:30-15:10 研究発表6.『名詞述語文における日中対照研究』
      王亚新(東洋大学)                         以上司会:于康(関西学院大学)
15:10-15:30 休憩(20分)                 
15:30-16:10 研究発表7.『[VP+的]と[VP+の]の意味指示の多義性と多義性解消
      の条件-[VP+的]と[VP+の]が目的語になる場合を中心として-』
      黄毅燕(関西学院大学・北京外国語大学)     
16:10-16:50 研究発表8.『日中対照研究から見る限定語の語順について』
      高橋弥守彦(大東文化大学)                 以上司会:中川裕三(天理大学)
16:50-17:00 閉会の辞 佐藤富士雄(中央大学)

※入会申し込み、学会費の納入も受け付けます。(年会費:社会人4000円、院生2000円)

Last-modified: 2013-12-07 (土) 13:27:49