3月月例会のお知らせ

日中対照言語学会員各位

 日中対照言語学会3月例会を下記の通り開催致します。どなたでも自由にご参加いただけますので、お誘いあわせのうえ多数ご来場くださいますようお願い申し上げます。

とき
2015年3月14日(土)18:00-20:00
場所
大東文化会館K-403
発表者
洪安瀾(大東文化大学博士後期課程)
テーマ
動態存在文に見られる名付け的な意味について

提要

 中国語の静態存在文は、一般的には動作の結果が保持されていることを示す。それに対して、「動態存在文」は主体のある場所での動作を表す。その動作は「主体の存在方式」として考えられる。「動態存在文」は、このような存在方式を表す文である。

(1)湖里游着一群鸭子。(李临定1993:335)

湖ではアヒルの一群が泳いています。(同上)

(2)草原上奔驰着一群骏马。(同上)

草原には駿馬の群れが疾駆しています。(同上)

(3)空中飘着雪花。(同上)

空に雪がひらひらと舞っています。(同上)

(4)夕阳中摇曳着羽毛草。(宋玉柱2007:55)

夕焼けの中にはハブソウがゆらゆらと揺れている。(筆者訳)

(5)草原上弥漫着晨雾。(宋玉柱2007:56)

草原に朝霧が広がっている。(筆者訳)

 本発表は、連語論の蓄積(鈴木康之2011、言語学研究会編1983など)を参考とし、動態存在文に見られる内容に基づき、以下のような名付け的な意味に分類する。

  • 「空間的な移動のむすびつき」(例1、例2、例3)(鈴木康之2011:29)
  • 「モノの繰り返しのむすびつき」(例4)
  • 「モノの拡大・縮小のむすびつき」(例5)

 「モノの繰り返しのむすびつき」と「モノの拡大・縮小のむすびつき」は、筆者による分類である。連語がそれぞれ、モノの「間欠・循環」のように繰り返している出来事と、「拡大・縮小」の変化を表している出来事に対する名付けである。

 

2月月例会のお知らせ

日中対照言語学会員各位

 日中対照言語学会2月例会を下記の通り開催致します。どなたでも自由にご参加いただけますので、お誘いあわせのうえ多数ご来場くださいますようお願い申し上げます。

とき
2015年2月14日(土)18:00-20:00
場所
大東文化会館K-403
発表者
高橋弥守彦「異領域のくみあわせを表す「動詞+“上”」と客体との関係について」

要旨

 移動動詞には、ありさま移動の動詞・位置移動の動詞・趨向移動の動詞の3類がある。名詞は生命体4類と非生命体6類に分けられる。位置移動の動詞“上”は、領域別に分ける各種類の名詞とともに連語を作る。

 位置移動の動詞“上”は、下から上への角度性の移動を表すのが基本義であり、その対象は角度性の名詞“楼梯”である。この連語“上楼梯”を基本的なくみあわせとして、連語論の観点「連語論的な意味」と「構造的なタイプ」から、空間領域のくみあわせとしての「“上”+空間詞」を分析すると6類のむすびつきに分かれる。

 ヒトの移動を表す“上”と空間詞とのむすびつきを基本として、ヒトの移動が図表化でき、他領域への転換が可能となる。この連語“上+空间词”の前に動詞を用いる「動詞+“上”+空間詞」は、「“上”+空間詞」で作る6類のむすびつきに基づき、連語論の観点から12類のむすびつきを作れる。

 本稿では「動詞+“上”+客体」のうちの空間詞を除いた客体が、どの領域の名詞とくみあわさるのかを分類し、なぜそれが可能なのかを明らかにする。

 

1月月例会のお知らせ

日中対照言語学会員各位

 日中対照言語学会1月例会を下記の通り開催致します。どなたでも自由にご参加いただけますので、お誘いあわせのうえ多数ご来場くださいますようお願い申し上げます。

とき
2015年1月17日(土)18:00-
場所
大東文化会館K-403
発表者
李鵬「中国語の動結式構文に見られる相互c統御」

要旨

 現代中国語の「動結」式構文についての研究は音韻研究(前項動詞と後項動詞が結合する音韻論的要因を考える。馮勝利(2002)が挙げられる)、通時的研究(動結式ができるまで歴史的経緯を探る。梁銀峰(2006)が挙げられる)、形式文法(動結式の形成を生成文法の見地からアプローチする。90年代はGB理論が理論的土台となっていたが、90年代の末期からはミニマリスト・プログラムに取って代わった。少数ながら、分散形態論やLFGから研究が見受けられる)、機能文法(動結式の意味指向、前項動詞と後項動詞が持つ「項」同士の同定、項の受け継ぎ、事象構造等に見られる認知的操作)という4つの分野に分けることができる。が、統語上では「動結式とは何か」については列挙している分野では見られていない。本発表はそれに対する統一的答えを出すことを想定し、論を進める。

キーワード:相互c統御 内項 能格 VPシェル  

 

12月月例会のお知らせ

日中対照言語学会員各位

 日中対照言語学会12月例会を下記の通り開催致します。どなたでも自由にご参加いただけますので、お誘いあわせのうえ多数ご来場くださいますようお願い申し上げます。

とき
12月20日(土)18:00-20:00
場所
大東文化会館K-401
発表者
小路口ゆみ、神野智久

発表要旨はfileこちらをご覧ください。

 

11月月例会のお知らせ

日中対照言語学会員各位

 日中対照言語学会11月例会を下記の通り開催致します。どなたでも自由にご参加いただけますので、お誘いあわせのうえ多数ご来場くださいますようお願い申し上げます。

とき
11月15日(土)18:00-20:00
場所
大東文化会館K-404
発表者(1)
金 香(新潟大学院現代社会文化研究科博士前期2年)
「助動詞“能”と“会”の可能表現に関する研究—期待性についての語義分類—」
発表者(2)
洪安瀾(大東文化大学大学院博士後期課程2年)
「“过字句”について」

発表要旨はfileこちらをご覧ください。

 

10月月例会のお知らせ

日中対照言語学会員各位

 日中対照言語学会10月例会を下記の通り開催致します。どなたでも自由にご参加いただけますので、お誘いあわせのうえ多数ご来場くださいますようお願い申し上げます。

とき
10月18日(土)18:00-20:00
場所
大東文化会館K-403
発表者(1)
小路口ゆみ(大東文化大学博士前期二年生)
「実例からみる“把”構文の日本語訳の傾向について」
発表者(2)
飯塚敏夫(十文字学園女子大学非常勤)
「シンガポールの華語語彙」

発表要旨はfileこちらをご覧ください。

 

9月月例会のお知らせ

日中対照言語学会員各位

 日中対照言語学会9月例会を下記の通り開催致します。どなたでも自由にご参加いただけますので、お誘いあわせのうえ多数ご来場くださいますようお願い申し上げます。

とき
9月20日(土)18:00-20:00
場所
大東文化会館K-301
発表者(1)
洪安瀾(静態存在文と“过字句”について)
発表者(2)
時衛国(程度表現の対照研究―勧誘のモダリテイを中心に―)

発表要旨はfileこちらをご覧ください。

 

7月月例会のお知らせ

日中対照言語学会員各位

 日中対照言語学会7月例会を下記の通り開催致します。どなたでも自由にご参加いただけますので、お誘いあわせのうえ多数ご来場くださいますようお願い申し上げます。

とき
7月19日(土)18:00-20:00
場所
東洋大学8号館7階「125記念ホール」
発表者(1)
高橋弥守彦 (大東文化大学)(18:00-19:00)
題目:日中対照関係から見る受身文の受け手と仕手との関係について
発表者(2)
洪安瀾(大東文化大学)(19:00-20:00)

発表要旨はfileこちらをご覧ください。

 

6月月例会のお知らせ

日中対照言語学会員各位

 日中対照言語学会6月例会を下記の通り開催致します。どなたでも自由にご参加いただけますので、お誘いあわせのうえ多数ご来場くださいますようお願い申し上げます。

ひと
王 学群 (東洋大学)
題目
“形容詞+着zhe”のふるまいについて
とき
6月21日(土)18:00-20:00
場所
東洋大学8号館第2会議室(8号館中2階:8号館一階に着いたら左へ洗面室の横(看板あり)を通り抜いて上っていけば第2会議室)

要旨

 周知のように、中国語の“着”は、“動詞+着”の形で動態助詞としてよく用いられるだけでなく、“形容詞+着”という形でもよく用いられる。本発表では、“形容詞+着”の意味用法、形容詞の類との関係、動詞的性格、文構造・コンテクストが“形容詞+着”に与える影響などについて実例を挙げながら分析する。

 

4月月例会のお知らせ

日中対照言語学会員各位

 日中対照言語学会4月例会を下記の通り開催いたします。どなたでも自由にご参加いただけますので、お誘いあわせのうえ多数ご来場くださいますようお願い申し上げます。

ひと
続三義 (東洋大学)
題目
关于日中两语时间隐喻表达——以《天声人语》及其汉语译文为出发点
とき
4月19日(土)18:00-20:00
場所
東洋大学8号館第2会議室(8号館中2階:8号館一階に着いたら左へ洗面室の横(看板あり)を通り抜いて上っていけば第2会議室)

要旨

  时间是物质运动存在的形式之一。在语言表达上,物质世界的时间基本上是以隐喻来表征。这是基于人类对世界的认知首先是基于对空间的认知,而对于时间的认知是在对于空间认知的基础上进行的,因此,时间的表达则依靠对空间的表达的隐喻。

  本文不准备对时间的隐喻表达作系统、全面的论述。《天声人语》(2013年1月14日)中有部分有关时间的表达,而其汉语译文中也有相关表达(朝日新闻中文网2013年2月1日),而汉语译文的表达又具有一定的认知与表达方面的问题。因此,本文希望在这里作一简要分析,一来简要阐述两种语言有关时间表述的一些基本问题,二来纠正《天声人语》汉译文中表达上的一些失误。

  本文拟从以下几个方面进行日中语言对比论述:1、记录时间的器具;2、时间运行的主体;3、有关时间运行方式的隐喻表达。

 

Last-modified: 2017-01-15 (日) 15:20:26